SERVICE SITE

TOPICS

2019/10/17

とある経営者様の、こだわりのCASH RADAR活用方法

美容用品を取り扱う、ある会社のA社長は、CASH RADAR PBシステム(以下PBS)のクラウドの特長を上手く利用さています。
それは「ライセンス追加」という使い方。どのように経理業務に活かされているか伺いました。

経営者の願いを叶える「ライセンス追加」という使い方

A社長:
私は日頃から「管理会計をより重視してやりたい」と経理担当の社員に要望しています。
そのために作成してもらわなければならない資料もあります。
ただ、その資料の基になる会計入力が、経理担当の社員だけでは追い付かない場合もあります。
PBSは経理に詳しくなくても入力ができるシステムなので、ライセンスを追加して、他の社員に入力をサポートしてもらっています。 

会社を経営することは数字がすべてだと思います。
PBSが入っているパソコンがあれば、どこでもそれが見られます。ですから会計事務所に、
「ライセンスを増やしてほしい」と依頼したのです。もちろん私のパソコンにもPBSが入っていますよ。
知りたい数字が常にソフトに入っている。それを能動的に見に行ける仕組みであることが、経営者である私にとって一番のメリットですね。


会社の数字をリアルタイムに把握したい経営者のお立場から、貴重なご意見をいただきました。
これからも末永くPBSをご活用ください!

≪ライセンス追加とは≫
PBSのライセンスを追加発行し、別のパソコンにインストールすることで、会社のデータを複数のパソコンで扱えるようにする、クラウドならではの便利機能です。

  • 発行数は無制限!
  • 面倒な設定不要!
  • Web上で即時発行!