SERVICE SITE

会計事務所経営に有益な情報を配信 NMC journal

2020/06/05

経営は数字がすべて。知りたい数字をすぐに確認できる仕組みは便利です。

東京都千代田区にある株式会社サイド・シー様は、CASH RADAR PBシステムを導入後、「ライセンス追加」による複数台のPC利用を積極的に推進。様々な経理改善の効果を実感しているそうです。どのように経理業務に活かしているのでしょうか。

管理会計を重視したい――
経営者の願いをかなえる「ライセンス追加」という使いかた

――CASH RADAR PBシステムを使った経理の状況について教えてください。

私は日頃から「管理会計をより重視してやりたい」と、経理担当者に要望しています。そのために作成してもらわなければならない資料もあります。ただ、そのために数字のもとになる会計入力が追い付いていないのでは本末転倒です。
CASH RADARは経理に詳しくなくても入力ができると聞いていたので、それならばライセンスを追加して、作業を分担しようとなったのです。

――社長もCASH RADARをお使いになるのですか?

基本的には試算表や予算実績管理、分析グラフ関係などを確認するために利用しています。会社の状況によって、すぐに確認したい数字はその場面で変わります。そこで、いつでも自分のパソコンで見られるようライセンスを追加してもらいました。

会社経営は数字がすべて
日々数字に触れることで、感覚は磨かれる

――数字をこまめに確認するようになったきっかけは、どのような事でしたか。

エヌエムシイ税理士法人との契約が始まったことが転機になり、感覚的な数字だけを頼りにするのではなく、何かしっかりとしたものを基準にして会社の数字を見ていきたいと思うようになりました。

それまでは「売上を作って、経費を払い、いくらお金が残って、税金が多かったもしくは少なかった」というのを見るだけで終わっていたのが、きちんと予算を決め、実績を管理して数字をハンドリングしていくのが経営であると気づけたのです。
私自身、まだCASH RADARの予算実績管理をうまく活用できているかは分かりませんが、ソフトが入っているパソコンがあれば、どこでもそれが見られます。ですから会計事務所に、「パソコンの台数を増やしてほしい」と依頼したのです。

知りたい数字が常にソフトに入っている。それを能動的に見に行ける仕組みを知ったということも、私が数字を見ること、知ることに興味が湧いた要因の一つですね。

――ありがとうございました。

株式会社サイド・シー
代表取締役 芝原 春樹 様

「ライセンス追加」とは…

CASH RADARのライセンスを追加発行し、別のパソコンにインストールすることで、
会社のデータを複数のパソコンで扱えるようにする、クラウドならではの便利機能です。

■発行台数は無制限
■面倒な設定不要
■Web上で即時発行